浮気調査 証拠

浮気・不倫調査の結果とその後【感情を整理するための情報収集のすすめ】

2020-08-05

  • 浮気調査の結果、証拠が獲得できなかったどうしよう。。
  • 浮気調査の結果決定的な証拠が獲得できたけど、これからどうするのがよい?

本記事ではこれらの疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 浮気の証拠がなければ、建設的な話し合いは成立しません。あとは諦めるか、次の証拠獲得の機会に向けて準備をすすめるしかありません。
  • 証拠を獲得した後は冷静に。冷静になるためにはTwitterがおすすめです。
  • 「徹底的に罰を与えたい」からこそ、スキを見せないよう慎重に行動しましょう。

この記事の執筆者である私は、法律の専門家である法務博士であり、法律の勉強をしながら調査員となった現役探偵です。法律の知識がこれほど役に立つ業種もなかなかないなと思いながら、やりがいを感じつつ日々の業務を遂行しております。

一般的に、探偵社はあまりにも高額だったり、いい加減な探偵社が非常に多いので、それならば、問題点をすべてクリアする探偵社を作ればいい、ということで、自分で探偵事務所を立ち上げました。

「証拠がない」?場合の対処法

思考を巡らせた結果、「やはり信じられない…」という結論に至るのであれば、証拠獲得のプロである探偵を雇うしかありません。一度探偵を雇ったが何も獲得できなかった場合も、同様です。

「長い間探偵に依頼することを躊躇していたが、勇気を出して相談した」という方が、その後状況を好転させたケースを多く見てきたからです。

もちろん、それでも証拠が獲得できなかった、という場合もあり得ます。その場合には、探偵を使い、高額な費用を無駄にしてしまったことを「これだけやってダメだったから浮気はなかったんだ」と開き直るきっかけにするしかないのだと思います。何もせずに長期間悩み続けるよりマシ、というのが、経験上からの私の結論です。

ここで私の経験を少しお話します。

私、過去に(おそらく)浮気された際に感情的になり、ろくな証拠も得ないまま問い詰め続けてしまいました。その結果、キレられてパートナーを失いました。そのときから10年以上、ずっとモヤモヤし続けました。

このときに、もしも探偵を使い、証拠を得ていたならば「バカ女だった」として早めに切り替えが出来たはずです。反対に、証拠が獲得できなかった場合は、たとえ真実でなくとも「浮気は無かったんだ」として開き直ることが出来たのかもしれません。あるいは、「仕方ない。追求はもうやめだ!」と覚悟を決めることが出来たのではないかと思います。

もちろん、証拠の有り無しいずれの結果であっても高い授業料(探偵費用)がかかります。しかし、その後長年くすぶり続けたことを思い返すと、お金で済むならそうするべきだったと反省しています。

今後を考える上での一助となれば幸いです。

証拠を獲得した後にとるべき行動について

すぐにでも追求したいのが普通ですし、そもそも、我慢しようとしても何かしらの態度に現れてしまいますよね。それでも、まずはぐっと耐えて冷静になり、情報を集めましょう。

この際に、まずは冷静になるためのツールとしてTwitterをお勧めします。同じ苦しみを知る方々の成功例・失敗例が豊富にあり、冷静に対処することの重要さが心に刺さるからです。加えて、広告や利益当事者のヤラセとの見分けが、他の記事や掲示板などに比べて比較的容易だからです。

そして、専門家などの記事を参照したり、直接相談するなどはその後にすべきです。専門家はあくまで営利目的であり、自己に依頼してもらえるよう、聞こえの良いことしか言わないからです。

専門家は自己の利益のために言っているのか、それとも客観的な事実なのか等、ある程度の情報の取捨選択は依頼者の責任です。そのことも、関連する当事者のTwitterを読み込めばわかります。

ある程度の冷静さを獲得したあとで、離婚?親権?慰謝料請求?婚姻費用?などなど、法的・個別具体的な情報を収集しましょう!

これらについては別記事にて解説していますので、よろしければご参照ください。

まとめ

いかがでしたか?

上でも少し書かせていただきましたが、私自身「あの時探偵を使っていればな〜」という思いが未だにあります。。

探偵利用を検討される場合があれば、低価格と安心、法的知識が強みの我がジュリス探偵事務所を検討の候補に加えていただければと思います。あのときの自分を助けるつもりで頑張ります。

ご検討のほど、よろしくお願い致します。

-浮気調査, 証拠
-, , ,

© 2020 ジュリス探偵事務所