浮気調査

いつまで不倫に苦しめられるのか?【おすすめの対処法を伝えます】

2020-08-05

  • 不倫をしているのは間違いないけど、やめる気配がない…
  • これまでにいくつか証拠を突きつけたけど、観念させるほどの証拠ではなく認めさせられない…
  • このままでは病気になってしまうし、夫婦関係も悪化するばかり…

そんな苦しみの渦中にいるあなたに、おすすめの対処法をお伝えしたいと思います。

本記事の内容

  • 浮気・不倫に対する苦しみから脱出するためには、確実な証拠を獲得するしかありません。
  • 証拠の獲得は、探偵に任せるべきです。
  • まずはTwitterで同じ苦しみを有する人達の話を聞きましょう。

この記事の執筆者である私は、法律の専門家である法務博士であり、法律の勉強をしながら調査員となった現役探偵です。法律の知識がこれほど役に立つ業種もなかなかないなと思いながら、やりがいを感じつつ日々の業務を遂行しております。

一般的に、探偵社はあまりにも高額だったり、いい加減な探偵社が非常に多いので、それならば、問題点をすべてクリアする探偵社を作ればいい、ということで、自分で探偵事務所を立ち上げました。

証拠の早期獲得のため、探偵選びをはじめましょう

できるだけ早く証拠を集めて、まずは不倫を認めさせましょう。そのために、まずは探偵選びをはじめましょう。

はっきりとした証拠がなければ、パートナーは不倫を認めないからです。

不倫をしているパートナーは、「バレなければいい」と考えて不倫を継続していることが多いと思います。ただし、それと同時に、「家庭は壊したくない」と考えている自分勝手な者が多数ですので、「家庭を壊さないために」滅多なことでは不倫を認めないでしょう。

このような状況下において、曖昧な証拠を突きつけても短期間の警戒心を植え付けるだけで、むしろ確実な証拠を獲得しにくい状況を自ら生み出してしまうという不利益を被ることになります。

そもそも、この記事の想定読者はすでに浮気・不倫発覚からある程度の時間が経過している方々です。こういった方々は、すでにご自身でできる行動をおおむね済ませていると思われます。そしてその結果、証拠が不足していて話が前に進まず、苦しんでおられるのではないでしょうか。

そうだとすれば、もはや探偵を使って強制的に話を前に進めるしかない、というのが私の持論です。

探偵選びをはじめる際の、おすすめの行動

Twitterなどを用いて、不倫をされている「当事者の生の声」を聞きましょう!

自分自身と同じ苦しみを味わっている者の言葉だからこそ、自分自身の心に響き、勇気をもらえるからです。

ほんの少しでもいいので、自分自身の気持ちに余裕をもたせる必要があるからです。

更には、探偵選びをはじめとした、有益な情報の宝庫だからです。

「サレ妻」「サレ夫」と調べるとたくさん書き込みがあります。探偵である私自身も、何度も何度も感心したり、気付きを与えてもらったりしました。なにより、一言一言の言葉の重みがとてつもないです。なお、ネット上の掲示板や口コミなどでは業者の自作自演が多いので避けるべきです。

探偵を探し始めると、必ずと言っていいほど「探偵、あるいは探偵社の利益関係者が作成した記事」に行き当たります。そしてそこには、聞こえのいい言葉ばかりが並べ立てられています(探偵の私が言うので間違いありません)。そこで気付かされるのは、主に「探偵ってそんなに高いの!?」です。

確かに、おそらく想像しているより高いと思います。しかし、そんな中でも比較的安くて良心的な探偵も少なくありません。ザックリと言えば、調査費用が高ければ高いほどその探偵社のホームページの見栄えがよく、その気にさせられるように作り込まれています。そこにたくさんの費用が投入されているからです(この費用は依頼者から回収されます)。

超高額な探偵社を回避するためには、ある程度の気持ちの余裕と知識・情報を持っていれば冷静に対処できるかと思いますが、何も知らない状態で相談・面談までいってしまうと、上手く丸め込まれてしまう可能性が高まります。それこそ、Twitterの書き込みを読んでいると「探偵を使ったことを後悔はしていないけど、費用だけは相場より遥かに高かったのが悔やまれる…」というものが散見されます。

ぜひとも、Twitterの書き込みを参考にしてください!

(そのついてで結構ですので、よろしければ以下の記事を参考にしてみてください)

まとめ

いかがでしたか?

探偵利用を検討される場合があれば、低価格と安心、法的知識が強みの我がジュリス探偵事務所を検討の候補に加えていただければと思います。

ご検討のほど、よろしくお願い致します。

-浮気調査
-, ,

© 2020 ジュリス探偵事務所